全身脱毛キャンセル時のトラブル

007今月はなんとか予約通りに進捗できたとしても、これから先どうなるか未確定なのはよくある事です。特に全身脱毛は、2年以上という長きに及び通う可能性が発生するため途中、せっかく予約したけれど、様々な事情が立て込んで、キャンセルせざるを得なくなる場合も往々です。

実はキャンセル時は、お店側と、待っている他客に迷惑を掛けたという事で、条件次第でペナルティ的な物が課せられます。要するに少額お金を取られたり、コース1回分減らされます。単価が安い所では当たり前に備わるルールです。

当日キャンセルしたら、料金がかかるのが大概です。宿泊施設の違約金と似ています。想定外に入って来た予定のせいで、仕方なく取り止める事になった場合でも、前日までならなんとかセーフです。ただ、前日でも何時以降はアウト、と細かく定めてある所も存在し、確かめは大切です。

キャンセル後は、次枠確保が生じます。ところが混み合う店ですと、都合のつく日時枠をなかなか取れません。この日なら、と思って告げたら別の人達で、パンパンに埋まっているケースが十分考えられます。

人がキャンセルするのを期待して、空けば向こうから連絡してもらい、自分枠にする戦法を使うのも良いです。ただトントン拍子で空く保障はなく、希望日時とも限らないのがネックです。

全身脱毛に行けないと発覚したその時に、すぐテレフォンかメールで連絡するのを心掛け、いつまでに知らせればセーフか、といったルールは、カウンセリングで聞いておいたり、契約書を目を皿にして読んで把握します。